税金面で有利なくりっく365

「くりっく365」だけが認められている大きな魅力は、税制優遇措置を受けられる点です。FXで利益を上げても取引所取引であるくりっく365と店頭FXとでは利益にかかる税率が異なってきます。店頭FXと比較すると断然優位な税率が用意されていますので、FXをする方は全員、基礎知識としてインプットしておきましょう。

1. 申告分離課税で一律20%

くりっく365で発生した利益は、雑所得として申告分離課税の対象となるので、税率は所得にかかわらず一律20%(所得税が15%、地方税が5%)です。その一方で非くりっく365(いわゆる相対取引)で出た利益は総合課税の対象となるため、給与所得など他の所得との合計で税率が決まり累進課税が適用されます。利益を得れば得るほど税率が高くなり、1,800万円を超えた分については利益の50%が税金となってしまいます。

税率【所得税 + 地方税(都道府県民税)】
課税所得金額 (申告分離課税) 非取引所取引(総合課税)
195万円以下 15%
195万円超 330万円以下 20%
330万円越 695万円以下 30%
695万円超 900万円以下 33%
900万円越 1800万円以下 43%
1800万円超 50%

2. 他の取引所上場取引と損益通算が可能

くりっく365は、所得税を計算時にTOPIX先物等の取引所上場株式先物や金・銀といった商品先物取引、オプション取引等との損益通算を行うことが可能です。
「くりっく365」で利益が発生した場合でも、他の先物取引で損失が出ていれば、両者の損益を通算することによって、節税ができるようになります。

3. 三年間の損失繰越控除が可能

また、くりっく365の取引で損失が発生した場合には、損益通算を行った結果、その年に控除しきれない損失額が出るようなケースでは、その損失を翌年以降3年間にわたって、くりっく365や他の取引所上場先物取引で発生した利益から控除する事ができます。

この「損失の繰越控除」の適用を受けるためには、損失の金額が発生した年(毎年1月〜12月)の分について確定申告をしておく必要があり、かつ、その後についても継続して確定申告を行なっておく必要があります。

くりっく365参加業者の最新人気ランキング!

くりっく365取扱業者の最新人気ランキングをお届けします。取引手数料や年間取引量、月間の口座開設シェアなどのデータを基にFX投資家に支持されているFX会社を順位付けしています。これからくりっく365で取引を開始したい人はこの人気ランキングを参考にしてFX口座を開設してみてはいかがでしょうか?

インヴァスト証券
インヴァスト証券
くりっく365取引高No.1!衝撃の取引手数料無料での提供も!
くりっく365業界での預かり資産と取引シェアがナンバーワン!くりっく365で長年の実績を誇り、その安全で高い信頼のおけるサービスは多くのFX投資家の支持を集めています!さらにはFXの税金に関する情報提供も充実!!
GMOクリック証券FX
GMOクリック証券
スピート注文取引No.1!
店頭取引のFXでも大人気の超スピード発注機能がくりっく365で唯一使えるFX業者!取引にスピード性を求めるなら断然GMOクリック証券です!!
岡三オンライン証券
岡三オンライン証券
格安手数料と取引ツールに定評!
業界でも格安通常の取引手数料と各種高機能取引プラットフォームを誇る人気業者!!iPhoneアプリから取引できる数少ないFX会社の一つです!

>> 総合人気ランキングを全部見る

最新人気ランキング